南塔(ナントゥー)の創作ルーム

2019年10月3日 ブログ更新やめます。

Beat Audio Silversonic MKVI(2.5mmプラグ)

以前から気になっていたリケーブルを購入して使用した感想を書いていきたいと思います。

BEAT AUDIO Silversonic MKVI
コードの色は実際に見てみると写真で見たのとは違って、透明な濃い青色といった感じでした。

はじめからコードにクセがついているので、シュア掛けしやすくなっています。

本当はfinal B3用にと思って購入したのですが手持ちで似合いそうな【AZLA ORTA】イヤホンがあったので、そちらにつけることにしました!

www.nannantoo.com



同じ2.5mmケーブルですが写真↑の純正ケーブルと比べてBeat Audioのケーブルは軽いので若干ではありますが、AZLA ORTAを軽量化することができました。


ケーブルも青にしたことでオシャレになった気がします。
これで1万5千円のイヤホンがケーブル交換することにより、実質3万円以上のイヤホンに匹敵するぐらいになりました!!(金額だけ
というのはさておき、純正ケーブルからBeat Audioのケーブルに交換したことによって変化したことを書いていきたいと思います。

まず始めに曲を再生して感じたことは
・全体的に音が一つ一つ押し上げて聞こえてくるようになった。
・原音を忠実に再現する音の響き方。(※こちらはfinal B3に装着した時の感想。)
再生していた曲を一時停止してポータブルヘッドホンアンプのボリューム調整を一切触らずに繋ぎ直しただけなので、音が大きくなったと感じました。

・ボーカル、楽器等の距離感は純正ケーブルと一緒で変わらず。

・迫力ある重低音の響きになる。

・ドラムの音が滑らかになった。

音を強調してくれる順番としては
中域>低域>高域
といった感じで幅広いジャンルの曲を聴いて楽しめるようになるケーブルだと思います。
※あくまで個人的な感想です。

イコライザー設定 Part2(PC用)

final B3以外のイコライザー設定を書いておきます。
もしブログ主と同じイヤホンを購入した際に、このサイトを見る機会があれば是非、試してみてください!

まずはAZLA ORTAから掲載します。

~Music Center for PC~



AZLA ORTA付属の3.5mm変換ケーブル
を使用した際のイコライザー設定

こちらは純正ケーブルからケーブルを変更させたイコライザー設定(2.5mm)
AZLA ORTA+Beat Audio Silversonic MKVI

Pai Audio PAI-DM1
音が刺さる場合は2K〜16K間を調整してください。

PAI-DM1+AZLA ORTA2.5mmケーブルver

※あくまでも参考程度にしてください。
それでは!

普通の人とは違う道かもしれないけど

必要以上に他人と関わらず自由で隠居暮らしみたいな生活を目指して今を過ごしているけど、いつか自分自身が選択した道を選んで良かったと思えるように努力していきたい。
諦めない限り可能性(夢)が無くなることはないと信じて歩き続けていくのみ。

そして例え、自分が孤高なる存在になろうとも構わない。人生の最期は一人なのだから。
誰かと共に助け合っていく生き方も悪くないが正直、親友以上の関係を築くのは億劫だ。
歳を重ねてきたら考え方も変わると言っていたけど、やはり結婚だけはしたいとは思わない。
同じ考えを持つ人なら理解してくれるだろうけど中々、見つからないから周りから変人だと思われても仕方ないだろう。

とにかく、なにかに縛られて生きていく人生だけはしたくない。凝り固まった考え方では一生、見えてこない綺麗な景色がある。
答えはそれだけじゃない。自身の考え方次第でいくらでもその答えは変わる。

色々なこと(主に人間関係)で失敗ばかり積み重ねてきた人生を歩んだからこそ学ぶことがあった。
ナルトではないが、心の痛みを知ったからこそ他人に優しく接することができるようになったかもしれない。

Brise Audio STR7SE(4極2.5mmプラグ)

Brise Audio STR7SE


【final B3】専用として購入しました。
B3の3.5mmシルバーコートケーブルでも満足できる音を出していますが、個人的にピアノの音を繊細にしたいのと低音を少し引き出してあげたいと思って見つけたのが【Brise Audio STR7SE】でした。

リケーブル有名メーカーだとエントリーモデルでもそこそこな値段がする物ばかりで、更にMMCXコネクタ部分の相性が悪い場合(イヤホン自体がメーカー専用MMCXケーブルのみ、外れ易い等)があるので失敗しないようにする為にはイヤホン専門店で店員さんに尋ねるか、お試し用として置いてあるケーブルを接続してみた方が確実かと思います。


【Brise Audio STR7SE】の話に戻りますが、B3との相性は良いと個人的に思います。
家でじっくりと聴きたいときはこれです。

ただ2つ気になったことがあります。
・耳に掛ける部分のケーブルが太くクセ付けがしにくい為、シュア掛けしづらい点があります。
・着脱が純正ケーブルより外しにくくなった。
・タッチノイズがダイレクトに伝わる。
リケーブルを購入する際には実物を試してから購入することを推奨いたします。

Pai Audio PAI-DM1

e☆イヤホンで予約購入した『PAI-DM1』を使用した感想を書いていきたいと思います。


仕様はこちらの販売サイトから引用させていただきました。 http://www.wisetech.co.jp/brand/Paiaudio/dm1/
・形式:ハイブリッド型 (ダイナミック 1基 + BA 1基) 
・再生周波数帯域:10-30,000Hz
・インピーダンス:14Ω
・音圧感度:125dB
・ケーブル長:120cm ※MMCXコネクタ 
・プラグ:3.5mmステレオミニ L型プラグ
・付属品:シリコンイヤーピース、ケーブルクリップ

イヤホン集めにハマったのは最近なので知らないメーカーばかりですが、このイヤホンはTwitterでフォローしていたe☆イヤホンのイヤホン紹介ブログを拝見して見つけました。

7980円だから手軽に使えたらいいや。
といった軽い感覚でポチッと押して購入。
そして発売日にイヤホンが届き、iPhone8+Lightning3.5mmヘッドホンジャックアダプタという再生環境で聴いてみました。

高音がシャリシャリとして音が刺さるといった感じで、聴いていると少し違和感がありました。(ボーカルだとサ行が刺さります。)
しかし解像度の高さはステンレス筐体とあってなのか全帯域がメリハリのある音でした。
音の傾向としては、解像度の高いドンシャリ型かと思います。
とはいえ、やはり音の好みは人それぞれなので実際に試聴することを推奨します。(ブログ主はステンレス筐体の音が好きなので気に入ってます。)

そしてある程度の時間、放置エージングをしてからケーブルを純正からAZLAに付属していた純正2.5mmバランスケーブルに切り替えました。


そうすると音の聞こえ方が若干変わり、3.5mmとは違った立体感が出てきて楽しめるようになりました。
PAI-DM1はケーブルを変えると化けそうな気がしました。

※手持ちのポータブルヘッドホンアンプ【FiiO Q1 mark Ⅱ】は推奨インピーダンスが16Ω〜なのでイヤホンの性能を発揮できていない可能性があります。尚且つ、ポタアンが故障する場合もあるので推奨インピーダンスが適切なヘッドホンアンプで聴くことをオススメします。
あくまでも参考程度に。