南塔(ナントゥー)の創作ルーム

2019年10月3日 ブログ更新やめます。

他人と同じじゃダメなんだよな。

誰でも思い付くようなアイディアじゃ個性が磨かれていかない。
オンリーワンを目指していくには何十倍もの試行錯誤を繰り返していく必要がある。

そして自分自身がこれだ!と直感で思えるようになるまで、ひたすら精進するのみ。

誰かが優秀だろうと絶賛されようとも関係ない。他人に興味を持つ前にやるべきことを行うだけ。

「やるか」「やらない」かの二択。
底から這い上がる力を発揮して、夢で見たあの世界に上り詰めてみせる。
己の信念を貫くことこそが何よりも重要。
結果は次第についてくる。

Beat Audio Silversonic MKVI(2.5mmプラグ)

以前から気になっていたリケーブルを購入して使用した感想を書いていきたいと思います。

BEAT AUDIO Silversonic MKVI
コードの色は実際に見てみると写真で見たのとは違って、透明な濃い青色といった感じでした。

はじめからコードにクセがついているので、シュア掛けしやすくなっています。

本当はfinal B3用にと思って購入したのですが手持ちで似合いそうな【AZLA ORTA】イヤホンがあったので、そちらにつけることにしました!

www.nannantoo.com



同じ2.5mmケーブルですが写真↑の純正ケーブルと比べてBeat Audioのケーブルは軽いので若干ではありますが、AZLA ORTAを軽量化することができました。


ケーブルも青にしたことでオシャレになった気がします。
これで1万5千円のイヤホンがケーブル交換することにより、実質3万円以上のイヤホンに匹敵するぐらいになりました!!(金額だけ
というのはさておき、純正ケーブルからBeat Audioのケーブルに交換したことによって変化したことを書いていきたいと思います。

まず始めに曲を再生して感じたことは
・全体的に音が一つ一つ押し上げて聞こえてくるようになった。
・原音を忠実に再現する音の響き方。(※こちらはfinal B3に装着した時の感想。)
再生していた曲を一時停止してポータブルヘッドホンアンプのボリューム調整を一切触らずに繋ぎ直しただけなので、音が大きくなったと感じました。

・ボーカル、楽器等の距離感は純正ケーブルと一緒で変わらず。

・迫力ある重低音の響きになる。

・ドラムの音が滑らかになった。

音を強調してくれる順番としては
中域>低域>高域
といった感じで幅広いジャンルの曲を聴いて楽しめるようになるケーブルだと思います。
※あくまで個人的な感想です。

イコライザー設定 Part2(PC用)

final B3以外のイコライザー設定を書いておきます。
もしブログ主と同じイヤホンを購入した際に、このサイトを見る機会があれば是非、試してみてください!

まずはAZLA ORTAから掲載します。

~Music Center for PC~



AZLA ORTA付属の3.5mm変換ケーブル
を使用した際のイコライザー設定

こちらは純正ケーブルからケーブルを変更させたイコライザー設定(2.5mm)
AZLA ORTA+Beat Audio Silversonic MKVI

Pai Audio PAI-DM1
音が刺さる場合は2K〜16K間を調整してください。

PAI-DM1+AZLA ORTA2.5mmケーブルver

※あくまでも参考程度にしてください。
それでは!