南塔(ナントゥー)の創作ルーム

4月下旬頃に小説家になろうからアルファポリスに移行。

MENU

Pai Audio PAI-DM1

e☆イヤホンで予約購入した『PAI-DM1』を使用した感想を書いていきたいと思います。


仕様はこちらの販売サイトから引用させていただきました。 http://www.wisetech.co.jp/brand/Paiaudio/dm1/
・形式:ハイブリッド型 (ダイナミック 1基 + BA 1基) 
・再生周波数帯域:10-30,000Hz
・インピーダンス:14Ω
・音圧感度:125dB
・ケーブル長:120cm ※MMCXコネクタ 
・プラグ:3.5mmステレオミニ L型プラグ
・付属品:シリコンイヤーピース、ケーブルクリップ

イヤホン集めにハマったのは最近なので知らないメーカーばかりですが、このイヤホンはTwitterでフォローしていたe☆イヤホンのイヤホン紹介ブログを拝見して見つけました。

7980円だから手軽に使えたらいいや。
といった軽い感覚でポチッと押して購入。
そして発売日にイヤホンが届き、iPhone8+Lightning3.5mmヘッドホンジャックアダプタという再生環境で聴いてみました。

高音がシャリシャリとして音が刺さるといった感じで、聴いていると少し違和感がありました。(ボーカルだとサ行が刺さります。)
しかし解像度の高さはステンレス筐体とあってなのか全帯域がメリハリのある音でした。
音の傾向としては、解像度の高いドンシャリ型かと思います。
とはいえ、やはり音の好みは人それぞれなので実際に試聴することを推奨します。(ブログ主はステンレス筐体の音が好きなので気に入ってます。)

そしてある程度の時間、放置エージングをしてからケーブルを純正からAZLAに付属していた純正2.5mmバランスケーブルに切り替えました。


そうすると音の聞こえ方が若干変わり、3.5mmとは違った立体感が出てきて楽しめるようになりました。
PAI-DM1はケーブルを変えると化けそうな気がしました。
※手持ちのポータブルヘッドホンアンプ【FiiO Q1 mark Ⅱ】は推奨インピーダンスが16Ω〜なので、イヤホンの性能を発揮できていない可能性があります。
なので、あくまでも参考程度に。